【カリスマバイヤー直伝】タイで仕入れをするなら抑えておくべき場所6選

どうも。僕です。

今回、タイの仕入れについて、まとめた超大作を書く感じになりました。

 

当時、うぶだった僕が、人生観がちょっと変わったような衝撃を受けた「タイでの仕入れ」

これが、初めて行った海外でした。それからもう10年…

その10年前に仕入れた時から、今も変わらず、ずっと仕入れてるお店もあったりします。

 

その店の女のお腹が大きくなって、そのお腹から子供が出てきて、

もう僕の事をいじってくるクソガキになってきてたりもします。

まあ、ちょっとした歴史ですね。

 

どうせ書くなら、「僕が知る」というより「僕だけしか知らない」

タイ仕入れをお伝えできるよう書きますので、最後までお付き合い下さい。

途中で、話の軸がズレることがあるかもですが・・(笑)

では、書き始めます★

 

タイで仕入れを行うならココ!

タイ仕入れの場合、ほぼほぼの仕入れ場所は、バンコクになると思います。

チェンマイまで行って、民族系の物を仕入れたい…とか…

まあ、今はややこしくなるので、言わないで下さい、、

 

タイ仕入れ、いや、バンコク仕入れか…??は、

中国のようにアリババとかタオバオとか、ネットで買って、日本に送ってもらえる・・

そんな便利に仕入れることが出来る仕組みは、まあない、です。

 

直接タイまで行って、自分の足でマーケットを歩き、生の商品を見て、ピックするのが主流です。

けっこうめんどくさいというか、

めんどくさいって表現をするような時間のかかり方じゃないですね。

 

でも…

バイヤーっぽいですよね??タイまで、わざわざ仕入れに来てますからね。

 

女「お仕事、何されてるんですか??」

 

僕「…バイヤーです。…買い付けを少々、」

 

女「きゃあ かっこいいー ゆっくりお話聞かせて欲しいので、家に…」

 

って、だいたいよくなってたりします。

そういうアナタに、おすすめの仕入れ市場6個を、おまとめしました。

 

チャトチャック・ウィークエンド・マーケット

 店舗数 ★★★★★	 	
 安さ  ★★★	 	
 交渉  ★★★	 	
 交通  ★★★★	 	
 品質  ★★★

このチャトチャックは、タイのガイドブックとかには、必ず大きく取り上げられてるタイ最強のマーケットらしいです。

チャトチャック・ウィークエンド・マーケット

でも、チャトチャック・ウィークエンド・マーケットは、

その名の通り、ウィークエンドな土日しかやってないんです。

 

いや… 実は、金曜もちょっとやってます…

最強なのに、何か中途半端な感じで、すいません。

 

でもまあ、確かに大きさ的には、最強です。

今、調べてみたら、1.13 km²の敷地に、15000店くらいあるらしいです。

全然あんまりピンと来ませんが…

まあ、行ってみたら分かるんじゃないかと思います。

 

そして、迷子になって下さい。

大丈夫です。心配いりません。

水とかパイナップルとかは、どこでも売ってるので、遭難はしません。

マンゴーも売ってますよ。

ただ、迷子になってしまうだけなんです…

 

なんで、みんな迷子になるのか・・??

…ちょっと考えてみたんですが、

それは、色んなものが、ほんとにたくさん色々売ってるので、先へ先へ進んで行ってしまうんですよね。

子供が、迷子になる法則と同じです。

 

多分これを見てる人は大人の方々だと思うので、お伝えしておきますが、

そうじゃなくて、さっきの所に、一度ちょっと戻ればいいんですよ。

分かりやすくて、休憩できるような目印的なさっきの所に。

それで、違う道に行って、またそのさっきの目印的な所に戻るみたいな。

 

「おまえアホか」

「それくらい分かるわ」

「文字数稼いでるんじゃねえよこのブタ」って、なってるかと思います。

 

いや…すいません。分かってるんです。

自分でも、すごいくだらない事を言ってしまったと言うのは。

 

でも実際、行ってみると、結局みんなワクワクして進んじゃうんですよ。

なので、やっぱとりあえず行ってみたらいいんじゃないかとなってしまいました。

 

そしてまあ、次の話なのですが、

こんだけ広いので、とにかく何でも売ってます。

 

例えば、

 

僕がタイ仕入れで1番いいんじゃないかと思ってるTシャツとか

タイ仕入れで1番いいんじゃないかと思ってるTシャツ

 

頭の悪そうな女が買いそうなマンゴーの匂いの石けんとか

タイで買い付けするマンゴーの匂いの石けん

 

かわいいサボテンさんたちとか

タイで売っているサボテン

 

結構いいやんって思える食器とか

結構いいって思えるタイの食器

 

超カワイイ生の子犬さんたちとか

タイで売っている超カワイイ生の子犬さんたち

 

 

こんな感じです。

どんなお客様にも対応できるよう、幅広く商品を取り扱ってるんですよ。

「この中からどうやって商品を、売れるやつを探すんですか・・??」

いやいや、、

ダメだな。ひよっこですね。アナタは。

その中で、売れるものを探すのが、バイヤーなんですよ。

 

暑いし、迷子になるし、人が多いし、

もう二度と行きたくないチャトチャックに何回も行ってる僕は、

今月も、来月も、再来月も行くんですよ。

 

ごったがえしに並べられた商品は、ゴミの山に見えますが、

しっかりと意識を持てば、宝の山なんです。

 

参考までに、僕が買い付けた商品を教えましょう。

 

 

100バーツ(約300円)

1400円で、けっこう売れる うれしい。

1400円で、けっこう売れるタイ産のベルト

 

 

80バーツ(約270円)

580円で、めっちゃ売れる ちょっと利益率悪いけど我慢する。

580円で、めっちゃ売れるタイのストール

 

180バーツ(約540円)

2500円で、たまーに売れる こういう商品は、値段を安くしても売れない。

2500円で、たまーに売れる照明

参考になりましたか??適当に買い付けた商品ですが、こんな感じです。

 

まあ、このチャトチャックは、タイ仕入れで、一番バイヤー感を味わえる場所なんじゃないかと思います。

 

ボウベイ市場

 店舗数 ★★★★	 	
 安さ  ★★★★★ 	
 交渉  ★ 	
 交通  ★★★	 	
 品質  ★

僕的は、別に行かなくていいかなと、日頃から感じてるボーベー市場です。

このボーベータワーとその周辺がボウベイ市場になります。

タイにあるボーベータワーの外観

ボウベイタワー

 

 

「うん。でもそう。多分、行かなくていい。」

 

だって・・

 

このボーベーは、現地のタイ人たちが仕入れに来る感じ場所です。

 

マレーシア人とか、ベトナム人のバイヤーとかは、結構いてますが、

ヨーロッパのバイヤーとか、日本人のバイヤーを、ほとんど見かけません。

 

たまーに見るのが、初めてのタイ仕入れで、タイ人の通訳を連れて、「なんじゃこれ」みたいな顔してる日本人バイヤーとかは、いてたりします。

 

まあ、そういう場所なんだと思います。

 

ボーベーの商品は、クオリティとダサさがちょっととてもヤバイです。

 

ボーベーのダサい商品

 

ダサい!!でも、安い!!

 

ボーベーのダサくて安い商品

超ダサい!!でも、安い!!

 

ボーベーのダサくて安い商品

 

ゲロ吐くくらいダサい!!でも、安い!!

 

ボーベーの威厳のために言わせて頂きますが、この通り安いことは安いです。

お時間あるときに、期待せず、来てみて下さい。

 

ザ・パラディアム・ワールド・ショッピング(旧プラトゥナームセンター

 店舗数 ★★★	 	
 安さ  ★★★★ 	
 交渉  ★★★★★ 	
 交通  ★★★★★ 	
 品質  ★★★   (※シルバーは、★★★★★)

風の噂でタイのシルバーの質がいいとか聞いた事ありません??

その風の噂のシルバーが仕入れられる場所が、このパラディアムワールドです。

パラディアムワールド

 

昔の名前はプラトゥーナムセンターで、

タクシーに「パラディアム」と伝えても、

「パラディアム…??」「…あー パラディアムワールドね」みたいな感じだったのですが、

でもまあ最近は、「パラディアム」で、通じるようになってきてます。

僕の心の中は、まだプラトゥーナムセンターですが…

 

このプラトゥーナムセンター… パラディアムは、3年くらい前までは、シャッターが閉まりまくってるゴースト問屋みたいな感じだったのですが、

最近の世界的タイ旅行ブームで、観光客が、ちょいちょい色々買っていくのか、なんかかなり賑わってます。

1Fが、おみやげ的な感じの店とか、旅行用バッグの店とか、観光客メインの店もありますが、

ストックを積んでる「ガチ卸売り系」のベルト屋とか、時計屋とか、色々あります。

1F奥には、タイで最強安いストールの問屋がありますね。

 

タイの格安ストール問屋

 

すんごい量でしょ。10個、20個とかで買うというより、この塊を全部みたいな感じで買っていくやつも多いんじゃないかなと。

 

チャトチャックとか、プラティナムファッションモールとかで、ストール屋を営んでるやつらは、

多分、ここで仕入れてるんかなと思います。

「卸売りもできるよ」「いっぱい買ってくれたら安くするよ」とか言ってるんだろうけれど、

ここがオオモトなので、ここで買ったほうが当然安いはずです。

 

こういう時は、ガツンと「パラディアムで買う」って、言ってやりましょう。

満面の苦笑いをしてもらえるはずです。

 

とりあえずまあ、こんな感じのストールは、

レディースの店とか、アジアンテイストな店をやってる人の定番の仕入れで、いい商品じゃないかなと思いますが、

僕的に、パラディアムで推したい商品なのは、やっぱり風の噂のシルバーです。

 

「~シルバーには、夢がある~」

 

だって、100バーツ(300円)とかで、仕入れたTシャツを、1000円とか、1500円で売るより、

1000バーツ(3000円)で、仕入れたシルバーを、10000円で売った方が、儲かるでしょ??

同じ作業して、売るんだったら。

うーん、、でも、10000円は、ちょっと高いか…

でもそれでもまあ、単価高いし利率を下げて、6000円くらいなら何とかなるかと思います。

 

ここのB1Fには、シルバーだけの店が50個以上くらいはあるかと思います。

パラディアムの買い付けでオススメするシルバーアクセ

パラディアムの買い付けでオススメするシルバーアクセ

パラディアムの買い付けでオススメするシルバーアクセ

パラディアムの買い付けでオススメするシルバーアクセ

 

日本で売れそうなデザイン、というか、これ日本人がオーダーしたやつの残りっしょ!?みたいなやつも、たくさんあったりします。

是非、夢を掴みに来て下さい。

 

プラティナムファッションモール

 店舗数 ★★★★	 	
 安さ  ★★	 	
 交渉  ★★★★	 	
 交通  ★★★★★	 	
 品質  ★★★★★

バンコクっ子が集まるモンスター的ファッションモールです。

ここもチャトチャックと同じく、ガイドブックに必ず載ってる、超お買い物スポットです。

プラティナムファッションモール

 

 

小売っぽい店が多いので、卸売りは、どうなんかな…という感じですが、

対応できますよって感じの店ばかりだと思います。

 

商品は、全体的にレディースが多いですね。1F~3Fは、ほぼレディースです。そういや、こんな服、タイのかわいいと言われてる感じの女が着てますね。

プラティナムファッションモールのレディースコーナー

 

4F,5Fの奥だけメンズです。結構クオリティの高い商品もありますねー。

プラティナムファッションモールのメンズ売り場

 

6Fは、レディースの小物が多いです。キラキラしてて目が疲れます。

プラティナムファッションモールで売っているレディースの小物

 

定番のTシャツとか、ちょっとした服、小物まで、何でも揃う感じなので、幅広いアイテムを仕入れたい人はいいんじゃないかなと。

まあ、分かりやすくいいますと、チャトチャックにエアコンを効かせて、キレイにした感じです。

めっちゃいいでしょ・・??

チャトチャックの暑さがなく、モールなので迷路のようにもなってないので、熱中症にも迷子にもなりません。

 

でも、なんかちょっと高いんですよね。全体的な相場が。

10バーツ~20バーツの違いなんで、そんなに変わらないと言えば、変わらないんですが…

 

例えば、チャトチャックのTシャツを仕入れたら、まあ、100バーツか120バーツくらいだと思うんですが、プラティナムだと、120バーツ~130バーツくらいなんですよね…

大量に買うとしたら、ちょっとだけ気になります。デザインが良ければ、全然いいと思うんですが。

 

10バーツ~20バーツの違いは、30円~60円って事なのですが、1500円とか2000円で売るんだったら、まあ気にならないというか、どっちが売れるか??の方が重要だとは思うんですが、そこを安く良いものを買うのが、バイヤーっぽいのかなとも思います。

 

ちなみにまあ、僕は結構行きます。市場調査的な感じが多いのですが、バンコクっ子の流行りがやっぱり気になりますね(笑)

 

ヤワラート(サンペーン通りとか)

 店舗数 ★★★★	 	
 安さ  ★★★★★ 	
 交渉  ★	 	
 交通  ★★	 	
 品質  ★★

中国語の看板が続くごちゃついた町並みに、乱暴な運転のタクシー、その間をすり抜けるバイク、そして、そのバイクを避けながら自分勝手に歩く大量のタイ人…

こんな感じに、ごった返してる所です。

「画像24」ヤワラー通りぽいやつ

この辺りで売られてる商品は、基本的に超安いです。

中華系タイ人が、その中国系ルートで仕入れてきた中国製の商品をタイに持ってきて、やってる感じです。

 

僕は、「ヤワラー」か、「ヤワラート」とか、言ってるのですが、

でも、その人によって、言い方が違うみたいです。

僕は、バンコク超定番の観光スポットのチャイナタウンにあるヤワラー通り、ヤワラート通りらへんの事を指してるつもりなんですが、

まあ、チャイナタウンに行って来ましたって言う人もいてるし、サンペーンっていう人もいます。

このサンペーンって言う派が、1番多いのかもしれません。

 

サンペーン市場(サンペーン・レーン市場)は、ヤワラート通りからちょっと入った、幅2メートルくらいの通路というか、狭い商店街市場みたいな所なのですが、

サンペーン市場

ベルト、帽子、雑貨、アクセサリーとか小物系の仕入れ市場って感じで、Tシャツとかは服系はあんまり売ってないです。

 

まあそれよりも、なんで僕がヤワラートと言う派なのか??

これなんですが、実は、このサンペーン通り以外にも、かなり色々売ってたりするんです。

 

iphoneケースとかが売ってる所、サングラスと眼鏡ばっかり売ってる所、時計ばっかり売ってる所とか、まあ、結構色々あります。

 

iPhoneケース市場

サンペーン市場のiPhoneケース市場

 

時計市場

サンペーン市場の時計市場

どこ??って言われても、ちょっと分かりにくいというか、細い路地的なのが、たくさんあるので、説明がすごい難しいです。僕の文章の力では、書き伝えれる気がしません。

 

他で仕入れれないような、珍しい商品も色々たくさん売ってますので、「ヤワラート」は、是非行ってみてほしいです。

アナタだけしか、仕入れてないような、なんか分からないけど超売れる商品があるかもです。

 

 

バイヨークスカイホテル

 店舗数 ★★★	 	
 安さ  ★★★★ 	
 交渉  ★★★★	 	
 交通  ★★★★	 	
 品質  ★★★★★

ここが、世界中のバイヤーが集まる、タイ最強の仕入れ場所です。

バンコクで、値段じゃなくて、大きさ的に、1番高いホテル「バイヨークスカイホテル」

 

バイヨークスカイホテルの外観

バイヨークホテル自体も有名なのですが、実は、それだけじゃなく、ここのB1F〜4Fが、超バイヤーゾーンになってます。

 

ここの仕入れ場所の特徴としては、全体的に、小売の雰囲気はなくて、卸し売りオンリーって感じです。小売ができないって事はないと思いますが…

まあ、初めての仕入れには向いてないような雰囲気なので、ちょっと慣れてから行った方がいい感じかもしれません。

 

僕「How much is this??」

店のやつ「… 120バーツ」

店員はスマホをいじって接客はしてくれません… どうせ買わないだろう的な空気を流してきます。

 

僕「卸価格??」

店のやつ「… Yes」

もう帰れよ。ゲームしてるんだよって、顔をしてます。

 

僕「じゃあ、全部10個づつ買います。ストックありますか??」

店のやつ「…!? Yes.Boss!!」

でも、こんな感じに、急に態度が変わります。

 

「Are you come from??」

「Japanese??」

「I like okonomiyaki.」

こんな感じに、ご機嫌取りまでしてくれます。

 

まあ、バイヤーしか来ないので、お客さんも少なく、こんな対応になってるんですかね…

僕的には、無駄な接客がなくて、全然これでokなのですが。

 

さっき、このバイヨークスカイには、世界中のバイヤーが来るとか、なんかカッコイイ事を言いましたが、お店側もそうなってます。

 

特に3Fは、外国人オーナーゾーンです。

店番をしてるのは、タイ人なので、表面的には、分からなかったりしますが、オーナーは、イタリア人、フランス人、イギリス人が店のだったりします。

デザインは、やっぱりタイ人の店より良いかなと思いますし、何より対応がまともですね。

もちろん、日本人がやってるお店もあります。

 

レッドモヒカンのお店↓

RED MOHICAN

レッドモヒカンのお店

 

 

まあ、実は、僕も、かなり色々な商品たちをオーダーさせてもらって、お世話になりまくってるんですが、デザインも日本向けだし、対応も良いです。

そして、何よりも、やっぱり同じ日本人なので、完璧に話が通じます(笑)

 

タイでの仕入れは、誰でも簡単にできるとは思いますし、その気軽さが、1番の魅力だと思います。

新しい店で即決して買い付ける事は、よくありますし、なんか買うのは簡単だなと。

でもやっぱり、何かしらのトラブルはあったりするんです。

大きい取引になってくると、確実にそれはないようにしたいので、こちらで、お願いさせて頂いてる事が多くあります。

 

僕がお願いしてる事は、

買い付けた荷物の管理、日本まで配送の手配、オリジナル商品の製作とかで、普通に買い付けたり、自分でやった方が早い事は、自分でやってます。

まあ、バイヨークスカイに来たら、是非行ってみて下さい。

「僕のブログ見た!!」で、基本何もないですが、「あー」っては、なるはずです。(笑)

 

タイで自分にあった仕入れ先を見つけてみよう!!

今回は、いいかなという感じの6つを仕入れ場所的なのを書いていきましたが、どうでした・・??

なかなか分かりやすく、すごい参考になったと思います。(笑)

 

まあでも、どんなのが仕入れたいとか、こういう店をしてるとか、みんなそれぞれ色々あると思いますので、とりあえず自分で行ってもらうのが1番分かってもらえるんじゃないかなとは、考えてます。

 

それでも、やっぱり… こんな事、思いませんでした…??

 

で、結局、

「どこがいいの・・??」

こういう系の質問になってしまうと思います。

 

初めての仕入れであれば、チャトチャックとかプラティナムファッションモールとかが、良いというか買い易いんじゃないかなとか…

バイヨークスカイは、ちょっと慣れてから行った方が、良いんじゃないかとか…

誰でも言いそうな適当なアドバイスはできます。

 

でも、そうなると、

次は、「何を仕入れたら、いいんですか??」って、聞かれます。

うーん、まあ、これが売れると思いますよとか、また適当な事なアドバイス的な事はできます…

 

でも、これじゃあ、せっかく1人で仕入れに来てたとしても、言われた物を買ってる

「おつかいバイヤー」です。

僕も、毎回、そんなLINEが来たら、ブロックしちゃいます。

 

自分で、探して見つけて→仕入れて→売ってみる

これだけは、自分でやってもらわないといけないかなと思います。

 

まあ、失敗する事も多くあるというか、失敗の方が多いとは思うんですが、

これを繰り返してたら、必ず本物のバイヤーになれるはずです。

 

それでは。

 
タイ仕入れツアー

16 コメント. Leave new

  • とても参考になりました。
    4月末にバンコクに行くので、ひとまず5万円分、自分で見て買ってきたいと思います。
    初めての仕入れ体験、ドキドキします(^^)

    返信
  • ベトナム在住なんですがベトナムにお勧め市場ありますか?

    返信
    • passione_editor_c
      2018年8月31日 1:16 午後

      旅行でしか行ったことないですが、
      観光で行くようなところしか、なかったような気がします。

      返信
  • はじめまして
    参考にさせて頂きます
    来週バンコクに仕入れ初参入しに行きます
    楽しく計算しながら、自分の仕事として確立させたいと思います
    では失礼致します

    返信
    • passione_editor_c
      2018年8月31日 1:11 午後

      いいですね!!
      コツコツやるのが1番です。頑張って下さい★

      返信
      • 失礼します
        質問させてほしいのですが

        「買い付け」に「ビザ」は必要ですか?

        日本と往復で「毎月」半月ほど「タイ」に滞在しようと思っています

        「観光」のビザなしで問題ないでしょうか? 現実の把握範囲で分かれば

        教えて頂けますか?
        失礼します

        返信
        • passione_editor_c
          2018年9月17日 6:10 午後

          ビザは、いらないですねー
          責任は持てないので、そういう系は、ご自身で詳しく調べてもらった方がいいと思います。

          返信
  • とても参考になりました。
    11月に初めて仕入に行きます。
    こちらの内容を参考に行ってみたいと思います。

    返信
  • こんにちは
    オリジナルブランドのTシャツを
    2~3種類作成して日本に輸入を考えています
    通訳も雇おうと思います
    そういう場合で一番おススメな場所はどこになるでしょうか

    また

    サンプルを受けっとったあとの
    検品や日本に輸出してくれるような
    業者さんはどのように探せば良いでしょうか・・・

    どうぞ宜しくお願い申し上げます
    m(__)m

    返信
    • うちの会社で、全部できますね。
      Tシャツ制作、発送管理、タイに法人があります。
      日本でもお取引もできますね。

      一度、HPから問い合わせか、
      会社までお電話頂ければと思います。

      返信
  • 前川 裕治
    2019年4月4日 3:14 午後

    大変、面白く読みました。現在私はタイのイサーン地区に住んでいますが、タイで品物を仕入れて、タイから日本へ発送するという方法は、利益効率の面から見て、あまり感心しませんか?想定しているのは、個人客で、注文品をEMS world packageで送るということです。関税や消費税などが問題になりますかね。もし差し支えなければ、ご指導ください。全くの個人です。長期滞在者の一人です。

    返信
    • うちの会社で、全部完結できると思います。
      発送管理をしているタイ法人があります。
      日本でのお取引もできます。

      HPのお問い合わせフォームからか、
      日本にいらした場合には会社までお電話頂ければと思います。

      返信
  • 白磁や陶器類を探しております。初めてのバンコクです。おすすめのエリアやモール教えて頂けませんか?
    白磁・陶器は高級品ではなく絵付け材料として探しております。

    返信
    • 詳しくお伺いしたいと思いますので、よろしければ一度お問い合わせフォームよりご連絡ください。

      返信

mio にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー